「特定調停」は借主の借金返済の負担を減らすことが期待できます。

◆特定調停のデメリット

①残金見直しの意味がない場合がある
短いスパンの取引の場合、利息制限法にそって計算、見直しなどを行っても影響があまりないため意味がない。

②特定調停に応じない貸主もいる
裁判所を通すと言っても債権者の中には特定調停を強引に受け入れない業者も存在する。

③特定調停が難しい場合がある
借金の金額が大きすぎると3年から5年で全額返済ができないので特定調停の申し立てが難しい。

④差し押さえが発生する場合がある
再度、借金返済ができない状態になると貸主に借主の給与などを差し押さえられる。

⑤信用情報機関に登録されてしまう
ブラックリストに載ってしまうので信用情報機関で違いますが5年から7年間はお金を借りることができない。

相談できる専門家

アヴァンス法務事務所